専業主婦でも審査に通るカードローン

カードローンというのは、必要なときに適当な金額を自由に借りることができるという点で便利なものですが、主婦の場合にはなにかと制約があるのも事実といえます。
カードローンであっても、当然ながら事前の審査というものはありますので、一般的な正社員としてはたらいている人に比べると、年収の金額も少なく、雇用形態もパートやアルバイトなどと不安定であることから、かならずしも借金を返済するだけの信用力があるとはいいきれず、融資を断られてしまう場合があるのです。

これはアルバイトやパートといった、なにかしらの職業によって収入がある主婦の場合ですが、まったくの無職かつ無収入の主婦という場合には、さらに条件的には厳しくなってきます。
カードローンを取り扱っている会社にも様々なものがありますが、いわゆる消費者金融系のカードローン会社の場合には、実は法律によって、年収の3分の1を超過するような個人への貸し付けが禁止されてしまっているため、そもそも審査以前の問題として、専業主婦がお金を借りることが出来ないのです。

これは総量規制とよばれる法的な制度ですが、例外として、配偶者とあわせた収入をもって、年収の金額を判断するという規定がないわけではありません。
しかし、その場合には配偶者の同意書などの書類をそろえる必要があるため、実際に応じている消費者金融はきわめてレアケースであるといえますし、その分だけ手続きもめんどうになってきます。

他にも専業主婦であってもカードローンの利用が可能な方法がありますが、それは総量規制の適用を受けない銀行系のカードローンに申し込みをするというものです。
この場合、銀行系であるがゆえに、一般的な消費者金融の場合と比べると、審査がややきびしくなってくる可能性がないわけではありません。
しかし、配偶者に一定の所得があって、それなりの勤続年数があるようであれば、審査に落ちてしまうようなことは少ないといえます。

主婦だからこそお金が必要

生活をしていると突然の出費という事態に陥ることがあって、特に家計を担っている主婦の場合、突然の出費が計算が狂って困ってしまうことが多々あるはずです。
ある程度の年齢になると知人が亡くなることが増えてきて、通夜や葬式に出席しなければいけなくなります。
そうなるとお金がかかるのは当然で、しかし最後の別れを欠席するわけにもいきませんしやりくりに困ることがあります。

また突然の病気や事故も恐ろしいもので、保険ではカバーできない、それどころか生活をするのに必死で加入していないという人もいて、治療費や入院費を用意できない、生活費さえも足りなくなってしまうことがあるはずです。

貯金がない、家族や友人から借りることもできない、しかしすぐに現金が必要だという場合、頼りになるのがキャッシングで、クレジットカードにキャッシング枠がついているので、それを利用して現金を引き出すことができます。

一度クレジットカードを作っておけば、専業主婦で外部からの収入がなくともカードを使って現金を引き出すことができます。
ただ限度額が決まっているので、足りなくなるケースも出てくるでしょう。

そういった時に活用したいのが消費者金融で、収入のない専業主婦でも身元がしっかりとしていること、配偶者が収入を得ていれば、保証人や担保を必要なくお金の融資が可能になります。
申請の時間帯によっては即日融資ができるところも多いので、現金がどうしても入用になった時は利用するといいでしょう。

ただ覚えておきたいのは。キャッシングや消費者金融は担保や保証人を必要としないかわりに利息が高額であることが特徴です。
借りる時は簡単でも、利息が付くのでそれ以上の返済をしなければいけません。

このことをしっかりと理解して借りることが大切で、保証人は必要ありませんが、専業主婦の場合は伴侶にも責任がかかってくるので注意してください。
困っている時には頼りになりますが、借り過ぎは危険です。

無職の主婦だって諦めない借り入れ

専業主婦の場合は働いていないのだから言い方は違っても無職であるという事には変わりがないです。

キャッシングを利用する際の最低条件としては本人に安定した収入がある事を前提条件としている場合が多いので、専業主婦の場合は旦那の収入を頼って借りようとしても借り入れを断られてしまう事も多いです。
その大きな原因が改正貸金業法が2010年の6月に完全施行されたためです。

貸金業法が改正されて総量規制が出来たので、総量規制によって年収の三分の一までしかお金を借りる事が出来なくなってしまったのです。
専業主婦の場合は収入は0円なので借り入れが不可能という事になってしまうのです。
総量規制で何が何でも三分の一を超える借り入れが出来ないと不便なので例外もあり、配偶者貸付制度というもので配偶者の収入と合わせて三分の一を超えなければ借りる事が出来るように決められています。

ただし、配偶者貸付制度では配偶者の同意やそれを証明する書類の提出が必要であり、総量規制が適用されるキャッシングで配偶者貸付制度に対応している所はほとんどありません。
だから例外で専業主婦が借りる事は不可能では無いとはいっても、実質的には不可能であるといった方が良いです。

しかし、無職であるからと言って主婦が借り入れを諦めてしまう事は無いです。
これまでに延べた話は総量規制が適用される貸金業者のキャッシングを利用する場合の話であって、総量規制対象外のキャッシングを利用すれば年収による借り入れの制限が無いのです。

総量規制対象外のキャッシングというのは具体的に述べると銀行のキャッシングの事を言います。
銀行の場合は規制が無いので総量規制が適用されないので、無職である専業主婦であっても借り入れする事が可能となっています。

自分には収入が無いので旦那の収入を頼りにする必要がありますが旦那に内緒でお金を借りる事も可能であり、専業主婦であるからと言ってお金が借りられないという事はなく、主婦借入れも可能なのです。