無職の主婦だって諦めない借り入れ

専業主婦の場合は働いていないのだから言い方は違っても無職であるという事には変わりがないです。

キャッシングを利用する際の最低条件としては本人に安定した収入がある事を前提条件としている場合が多いので、専業主婦の場合は旦那の収入を頼って借りようとしても借り入れを断られてしまう事も多いです。
その大きな原因が改正貸金業法が2010年の6月に完全施行されたためです。

貸金業法が改正されて総量規制が出来たので、総量規制によって年収の三分の一までしかお金を借りる事が出来なくなってしまったのです。
専業主婦の場合は収入は0円なので借り入れが不可能という事になってしまうのです。
総量規制で何が何でも三分の一を超える借り入れが出来ないと不便なので例外もあり、配偶者貸付制度というもので配偶者の収入と合わせて三分の一を超えなければ借りる事が出来るように決められています。

ただし、配偶者貸付制度では配偶者の同意やそれを証明する書類の提出が必要であり、総量規制が適用されるキャッシングで配偶者貸付制度に対応している所はほとんどありません。
だから例外で専業主婦が借りる事は不可能では無いとはいっても、実質的には不可能であるといった方が良いです。

しかし、無職であるからと言って主婦が借り入れを諦めてしまう事は無いです。
これまでに延べた話は総量規制が適用される貸金業者のキャッシングを利用する場合の話であって、総量規制対象外のキャッシングを利用すれば年収による借り入れの制限が無いのです。

総量規制対象外のキャッシングというのは具体的に述べると銀行のキャッシングの事を言います。
銀行の場合は規制が無いので総量規制が適用されないので、無職である専業主婦であっても借り入れする事が可能となっています。

自分には収入が無いので旦那の収入を頼りにする必要がありますが旦那に内緒でお金を借りる事も可能であり、専業主婦であるからと言ってお金が借りられないという事はなく、主婦借入れも可能なのです。