専業主婦でも審査に通るカードローン

カードローンというのは、必要なときに適当な金額を自由に借りることができるという点で便利なものですが、主婦の場合にはなにかと制約があるのも事実といえます。
カードローンであっても、当然ながら事前の審査というものはありますので、一般的な正社員としてはたらいている人に比べると、年収の金額も少なく、雇用形態もパートやアルバイトなどと不安定であることから、かならずしも借金を返済するだけの信用力があるとはいいきれず、融資を断られてしまう場合があるのです。

これはアルバイトやパートといった、なにかしらの職業によって収入がある主婦の場合ですが、まったくの無職かつ無収入の主婦という場合には、さらに条件的には厳しくなってきます。
カードローンを取り扱っている会社にも様々なものがありますが、いわゆる消費者金融系のカードローン会社の場合には、実は法律によって、年収の3分の1を超過するような個人への貸し付けが禁止されてしまっているため、そもそも審査以前の問題として、専業主婦がお金を借りることが出来ないのです。

これは総量規制とよばれる法的な制度ですが、例外として、配偶者とあわせた収入をもって、年収の金額を判断するという規定がないわけではありません。
しかし、その場合には配偶者の同意書などの書類をそろえる必要があるため、実際に応じている消費者金融はきわめてレアケースであるといえますし、その分だけ手続きもめんどうになってきます。

他にも専業主婦であってもカードローンの利用が可能な方法がありますが、それは総量規制の適用を受けない銀行系のカードローンに申し込みをするというものです。
この場合、銀行系であるがゆえに、一般的な消費者金融の場合と比べると、審査がややきびしくなってくる可能性がないわけではありません。
しかし、配偶者に一定の所得があって、それなりの勤続年数があるようであれば、審査に落ちてしまうようなことは少ないといえます。